月別アーカイブ: 2015年11月

美容は日々の癒しです!

27女性にとって、美容は毎日に取り入れたいものです。日々の仕事や育児に追われていて、とてもじゃないけれど美容に取り組む時間なんてない、と思われている方や、そもそも美容に取り組むって何をしたらよいのかわからない、と思う方ももいらっしゃると思います。しかし、美容に取り組むことがあらゆることに相乗効果をもたらすと考えたら、とても魅力的なことではないでしょうか。ここでは、毎日の入浴を美容効果のもたらす時間に変えられるといくことをご紹介します。

入浴は、美しくなることに意識を向けることが外側からも内側からもきれいになれる時間になるのです。毎日の仕事や家事に心も体も疲れていることと思います。まずは、身体をきれいにするためにお風呂上りにボディクリームを使用してみましょう。また、バスグッズもアロマ効果や好きな香りにするものを取り入れてみましょう。そうすることによって、日々のなんとなく過ごしていた入浴の時間が、癒しの時間になることでしょう。良い香りに包まれることによって、リラックス効果が高まり、体の内側からきれいになっていきます。そして、いつもより少し手間のかけた身体はいつもよりぐっときれいになるでしょう。

美容は、手間暇かけたものだけが効果をもたらすわけではありません。なによりも、継続して行うことが大切なのです。毎日習慣としている身近なことを、ぜひ美容効果のもたらす貴重な時間として活用しましょう。

20代と30代の肌の違い

20代、乾燥肌を除いてトラブルなしの肌だった。独身の頃は化粧品もデパートで買っていたからそれなりの値段をしていたし、化粧品にかけてたお金も別に高いなと感じていなかった。25歳で結婚して、子供を二人生んだ頃30歳になっていて化粧品も近くのドラッグストアで済ませていた。デパートに子供を連れて行く事も考えられなかったし、何より急にデパートで買う化粧品が高く感じた。でも、33歳ごろになって急にほうれい線の出現。35歳になった今は肌のくすみが明らかに違う。子供の通う幼稚園の20代後半のママさんと横に並ぶのが嫌なくらい。

26肌もくすみを改善したくて、勇気を出してデパートに相談へ行った。久しぶりの肌診断。やはりくすみがあって、透明度が低い。そこで1本12000円の私にとっては高額な美容液を勧められた。肌の免疫を上げる美容液で、ダメージを受けにくい肌を自分の細胞で作るような効果があるらしい。1本2か月間使用だったから思い切って買ってみた。1本使ってダメなら購入は続けないと思いながら。

使い始めて2週間くらい経ったころ、あれ?肌が明るくなったかなと感じるようになった。ほうれい線も目立たないし、化粧直しをする回数も格段に減った。ひどいときは朝化粧をしてお昼前には化粧崩れしてたからずいぶん違う。今、1か月ちょっと経ったけど次も美容液を買った続けてみようと思った。次の肌診断が楽しみになってきた。

頭皮ニキビができる原因について。

30頭皮には皮脂腺が非常に多いため、顔よりもニキビができやすいと言われています。そしてこの頭皮ニキビができるのには、いくつかの原因があります。
まず一つ目は、シャンプーやリンスなどによるものです。
洗浄成分の強いものや、界面活性剤などが含まれているものを使うことでウイルスなどの影響を直接受けやすくなり、その結果、頭皮ニキビができやすくなります。
シャンプーやリンスなどで必要以上に皮脂が洗い流されると皮脂の分泌が過剰になり、その皮脂が酸化してしまい、毛穴が塞がれて炎症を起こし、頭皮ニキビにつながっていくのです。
ですから、シャンプーやリンスは、刺激の少ない無添加のものを使うと良いです。

そして二つ目は、毛穴の詰まりによるものです。
頭皮には毛穴がとても多いため、汗や皮脂の分泌もその分多く、毛穴が詰まりやすくなるのです。
そうなると、アクネ菌が毛穴の中で増殖し、頭皮ニキビができる原因となってしまいます。
また三つ目の原因として、過度なストレスによるものが挙げられます。ストレスは色々な病気にもつながっていくので、できる限り溜め込まない方がいいのですが、生活をしていく上では仕方のない部分もあります。
そしてこのストレスは、頭皮ニキビの原因にもなってしまうのです。
ストレスが溜まってくるとホルモンバランスが乱れてしまい、その結果、過剰に皮脂が分泌されます。
この皮脂の過剰な分泌によってやはり毛穴が詰まり、頭皮ニキビにつながっていくのです。頭皮ニキビを作らないためには、できるだけストレスを溜めないようにすることも大事です。

頭皮ニキビ痛いならここをチェック