日焼け状態では病院での脱毛は難しいか

病院などで脱毛の施術を受けるとなると、肌の状態が大きなポイントになる場合があります。状態によっては施術が難しくなる事もあるので、注意を要するでしょう。

代表例としては、日焼けが挙げられます。いわゆる夏が過ぎた時期などは、肌が日焼けをしている方々も非常に多いですね。特に9月などは、日焼けをしている方々が目立ちます。

ところで前述の病院では、基本的にはレーザーの光を用いて脱毛を行うのです。そしてレーザーの光は、黒い色に反応する性質があります。

日焼けをしているとなると、当然ながら肌の色は黒っぽくなっているでしょう。そしてレーザーの光が、その肌に反応してしまうのですね。

日焼けをしていない状態ならば、光が反応する事はありません。火傷も生じづらい訳ですね。しかし日焼けをしている方の場合は、もちろん火傷率が高まる傾向があります。ですので一部の病院では、9月の時期に火傷をしている方々は、施術が難しくなる事があるのですね。もしも火傷をしているとなると、ちょっと時期をずらす必要があるでしょう。

しかし中には例外の病院も見られます。ここ最近ではレーザーの光も色々多彩になってきていて、最近では肌に対してマイルドなレーザーも増えてきているのですね。

一部の脱毛クリニックでは、たとえ日焼けをしていても問題無いとアピールをしている事があります。やや特殊なレーザーを使っている訳ですが、それは日焼けをしている方々には朗報と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です